屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】

住宅のメンテナンス

男の人と女の人

浸水から住宅を守る

住宅を建築してから定期的なメンテナンスが必要となります。住宅は人生で購入するもっとも高額なお買い物で、完成後に生活してゆくことで必ず劣化が進みます。住宅は耐久消費財です。メンテナンスを考える上でもっとも重要な部分は外壁や屋上の防水です。最近の住宅メーカーは10年間保証を設定しており、建築から10年目に外壁や屋上防水の工事が購入とセットになっていることがあります。ただし、10年後以降は保証対象ではなく、自費でメンテナンスをしなければいけません。多くの人は住宅購入でローンを利用します。25年〜35年でローンを設定する人が多いようですが、ローン中にメンテナンスが2回から4回行うことになります。返済中のメンテナンスは負担が大きくなります。とは言え、メンテナンスを怠ると住宅内にも影響が及び、逆に費用の負担が大きくなります。外壁塗装や屋上防水にはグレードがあります。高いグレードの塗装を施せば耐久性は高くなります。一般的に10年に一度のメンテナンスが良いと言われていますが、高いグレードの外壁塗装や屋上防水を行っておくと10年以上の耐久性が保てるため、長期で負担する費用が少なく済むはずです。屋上防水は足場が必要ありませんが、外壁塗装は足場が必要となります。足場は作業に必要なものですが、塗装のグレードに関係なく費用が掛かります。グレードの高い塗装は費用が高くなりますが、塗装に付随する費用の無駄を考えると高い質のグレードを選んで費用対効果を考える方がお得です。

Copyright© 2018 屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】 All Rights Reserved.