屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】

家屋を水漏れから守る

つみき

必要な防御作業をやる

屋上に防水塗装をしたから大丈夫だと思われがちですが、屋根はどれだけ防水加工をしても年とともに劣化して行きます。その原因が屋上に降る雨、風、紫外線や埃です。防水効果は永遠なものではなく、一度劣化が始まると、その箇所から雨が侵入して次第に壁や柱を蝕んで行きます。鉄骨であれば錆びてしまいます。そのままにしておくと最終的には大規模修理になり、思わぬ多額の修理費がかかるとこになりかねません。防水加工に使用される素材は、シート防水が多いです。これは塩化ビニール樹脂やゴムなどの材料を使います。シートの為、シワになりやすく複雑な箇所への施工が難しい点に注意しましょう。次にウレタン素材です。液状の樹種でできており、複雑な形状をした場所でも防水膜を加工できる反面、外部からの刺激に弱い点が今後の課題です。FRP防水は耐久性・成形性・強度の点で優れており、屋上やベランダだけではなくその用途も様々です。一方で下地との接着が強力な為、地震などで割れてしまうことがあります。これらの寿命は約10年前後と言われています。屋上の寿命やメンテナンスは施工する場所にもよります。メンテナンスの期間内だからと安心しないで、気になるなら率先して検査は受けましょう。特に大切な業者選びですが、ネットや口コミなどを参考に候補者をいくつか絞って見積もりを出してもらいましょう。特に内訳がはっきりしない会社は避けるべきです。またオプショナルで追加料金を請求する業者も避けるべきです。経験と実績が豊富な業者を選びましょう。

Copyright© 2018 屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】 All Rights Reserved.