屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】

いつまでも雨に強く

男女

雨にも負けない家づくり

日本は雨の多い地域です。建物を雨から守る事は、家屋を長持ちさせるという点で非常に重要です。その際に考慮しなければならない点の一つとして、屋根や屋上の防水加工が挙げられます。建物の建築時、屋根や屋上には必ず防水加工を行っています。しかし、経年劣化に伴って屋上や屋根の防水機能も低下していきます。このまま何も対策を行わないと、雨漏りが発生したり、建物の骨組み部分が劣化して大規模修繕が必要となってしまう場合があります。その場合はとても高額な費用が発生してしまい、損害も大きなものとなります。そのような事態に陥らないために、定期的に屋上や屋根の防水加工のメンテナンスを行う必要があります。加工方法には大きく分けて3タイプに分かれます。1つ目はシート防水という方法です。シート防水は、塩ビやゴム等で製造されたシートを下地に張り付ける方法です。施工が簡単で施工期間も短期間で済む方法ですが、複雑な形状の部分への対応は難しいという欠点があります。2つ目はウレタン防水という方法です。液状の樹脂を施工部分に塗る方法で、複雑な形状の部分にも対応可能です。しかし、塗る際に厚みの差が生じてしまう事が多く、外部からの衝撃に弱いという特徴があります。3つ目はFRP防水という方法です。ガラス繊維強化プラスチックを利用する方法で、衝撃に強く施工期間も短期間で済みます。しかし、施工中の臭いが強いため、対策が必要です。また、下地との接着が強力なので地震で割れる可能性があります。各防水加工方法は価格や耐用年数に違いがあるため、業者さんとしっかり相談することが大切です。

Copyright© 2018 屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】 All Rights Reserved.