屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】

雨漏り防止について

雨

事前対策の重要性

一戸建て住宅などにおいて、最近では屋上バルコニーを設置する家が増えている。特に都市部の家などでは、庭を広くとれないことから屋上にバルコニーを設置し、屋上でバーベキューができることなどを目玉として販売されている家もある。これらの屋上のバルコニーにおいては、経年とともに雨漏りを発生させる原因となるケースがある。通常の屋根の場合には、水はけが良く水がたまりにくいが、屋上バルコニーでは水がたまりやすい傾向がある。排水機能を付け考慮していることや、防水対策も十分とられていることが通常である。しかし、防水対策などにおいては経年とともに劣化していく。特に屋根上では、日差しを遮るものが少ない可能性が高く、常時日光にさらされることになる。また、雨風も受けやすい。これらのことから、屋上では防水処理を施していても劣化で問題が発生することがある。屋上の防水対策では、雨漏りが発生してからでは遅いということがある。雨漏りが発生すると、家の柱や天井を痛めることになり、それらの補修などにも費用が必要になるケースもある。その為、事前対策が必要である。屋上の防水対策では、業者へ依頼しての対応が必要になるが、これらの対策では業者により異なることがある。簡易的な対策としては、防水シートを張り替え塗料などで対策することが多くなっている。これらの対策内容は、業者により異なったり提供する処置も変わるため、効果的なものを選ぶ必要がある。

Copyright© 2018 屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】 All Rights Reserved.