屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】

いつまでも雨に強く

男女

屋上や屋根の防水機能は、経年劣化していきます。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。防水方法には大きく分けて3タイプがあり、それぞれ利点や弱点が異なります。施工の際に業者さんとしっかり話し合う事が大切です。

詳しく見る

建物の長寿命化の基本

工具

建物の耐用年数を延ばすためには、外部の劣化を食い止めることが重要であり、特に屋上の防水工事や外壁塗装工事に力を入れるべきです。無料診断サービスを実施している業者を選んだり、着工前に補修や洗浄を丁寧に行うことが、建物の長寿命化にもつながるでしょう。

詳しく見る

家屋を水漏れから守る

つみき

屋上の防水は一度施工したからと言って安心はできません。四季折々の季節の変わり目や天気、紫外線、埃で劣化は年々進んで行きます。それを放置しておくと雨水が屋根や壁に染み込み、大規模修理が必要になるかもしれません。メインテナンスは必要なんです。

詳しく見る

住宅のメンテナンス

男の人と女の人

住宅を持つと10年に一度のメンテナンスを考えなくてはいけません。住宅は耐久消費財ですので必ず経年劣化が進みます。劣化を防ぐことで住宅の耐久性が保たれます。外壁と屋上の防水工事を正しく行うことが住宅の耐久性を長く保つこととなります。

詳しく見る

雨漏り防止について

雨

屋上バルコニーなどを設置している場合、問題となるのが雨漏り発生である。これらを防ぐためには、防水対策が必要になる。屋上の防水対策では、業者により提供している処置が異なることがある。処置内容により、効果的なものを選ぶとよい。

詳しく見る

建物を守ってくれます

雨

雨漏りに気を配ろう

屋根や屋上の外壁は、雨風にさらされながらその建物を守ってくれますが、10年から20年を過ぎると少しづつ傷みが現れていきます。塗料の皮膜は剥がれてくるとチョーキングと呼ばれる粉が拭いた状態になり、見た目の照り艶も損なわれていきます。また、強い紫外線により屋根が反ってきたり、屋上の外壁がひび割れてくる場合もあります。外壁塗装は防水効果もありますが、皮膜が剥がれた状態では内部に雨が浸透して雨漏りしてしまうケースもあります。屋上の防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なり、塗り直しが必要になります。塗料には保護する皮膜を作る合成樹脂や塗料を均一に整える添加剤、色艶を選択できる顔料が含まれています。中でも合成樹脂は、耐久性の高いものが開発されています。シリコン系合成樹脂は代表的な塗料ですが、耐久性が10年から15年ほどといわれています。耐久性は日当たりや周囲の環境によって左右されます。雪の多い場所では合成樹脂に使用する希釈剤を水性から油性に変えてより高い耐久性を得られるように工夫しています。シリコン系塗料よりも防水性に優れているのがラジカルやフッ素系合成樹脂です。20年近くの防水、耐久性があり、塗り替えの手間を考えるとメリットの大きい塗料といえます。屋上は海沿いの潮風や大量の雨や雪によって傷みが出やすくなります。小まめにメンテナンスを行い、時には塗料の顔料を変えて建物のイメージチェンジを図るのも良いでしょう。

Copyright© 2018 屋上の防水加工方法【防水塗装は塗料の材質によって寿命が異なる】 All Rights Reserved.